「oakley」 オークリー



ブランドコンセプト・歴史
1975年、ジム・ジャナードによってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設され、その後ゴーグルの開発を経て、80年代にサングラスを主力商品としてアイウェア業界に参入。

高い機能性を備えたレンズと斬新で近未来的なデザインによりスポーツサングラスのトップメーカーとしての地位を不動のものとし、90年代にはアパレル、フットウェア、リストウォッチ市場へ進出。機能とデザインの双方を損なうことなく高次に融合させたプロダクツは高い評価を受け、米軍特殊部隊SEALsやデルタフォースで制式採用されたほか、ロードレース、スノーボード、野球、ゴルフ等のトップアスリートがオークリーの製品を愛用しており、一般のマニアックなファンも多い。

「Technology Wrapped in Art」(芸術的なデザインによって包括された技術)をメインコンセプトとし、「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」をテーマに技術開発を続け、全世界で約600の特許を取得しています。


こんな方におススメ!
大リーガーイチロー選手、プロゴルファー宮里 藍選手、等々、多くのトップアスリートが非常にシビアなプロの現場で最高のパフォーマンスを発揮するための重要なアイテムの1つとして長らく愛用しているのがこの「OAKLEY」(オークリー)ですね。

スポーツ、アクティブ、ライフスタイル等々さまざまなスチュエーション、スタイルを想定して考えられたモデルたちが持ち合わせるスペックはお客様の日常をサポートしてくれるはずです。