「KAMURO」 カムロ



ブランドコンセプト・歴史
アイウェアブランド"KAMURO"は、ショップオーナーである禿 大悟(カムロ タイゴ)が 「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店から始まりました。

"主張しすぎる"ことを"恥ずかしい"ととらえる日本人の美意識を根底から覆したアイウェア そこには「個性のある眼鏡達を"スタンダード"にして行く方法とは・・」を考え抜きそこに導き出された答え・・・ヨーロッパ製の"楽しい眼鏡"をイメージし、日本人(アジア人)の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事。

そうして2005年秋、東京で開かれた眼鏡の国際展示会(IOFT)、その直後にパリで開かれた国際展示会(SILMO)に於いて最初のKAMUROのアイウェアコレクションを発表し、アイウェアブランド「KAMURO」としてスタートしました。


こんな方におススメ!
年齢を問わず女性に向けてとにかく、「楽しい、可愛い、面白い」と率直に感じて頂けるアイウェアです。

眼鏡が好きな人もそうでない人も1度は掛けて頂きたいアイウェアです。

これは私には似合わないかも・・・そんな先入観はポイッと捨ててとにかくまずは手に取って掛けてみましょう。
そこには「KAMURO」(カムロ)が表現する世界観が待っています。眼鏡に対する考え方が変わってしまうかも・・・